リアップX5を使わない3つの理由【AGA治療】

どもども。

M字先輩です。

僕は、この一年間で、ミノキシジル配合系の育毛剤を、3種類トライしてきました。その結論としては、おそらく「リアップX5」に戻ることは無いだろうということです。

仮に、価格据え置きでX7、X9のような商品が出てきたら考えなくもないですが・・、そのような高濃度のミノキシジル配合の育毛剤の販売を、厚生労働省がすんなりと許可するとも思えません。

また、大正製薬も国内唯一の「発毛剤」という称号を手にしている商品を、無駄にバージョンアップする開発コストを掛けるとも考えにくいと思っています。おそらく、まだまだ国内の育毛剤・発毛剤においては、リアップが確固たる地位を守り続けるんだろうなと考えられます。

僕が、リアップを使うことをやめたのは、大きく3つの理由がありますが、一言でいうと、「コストパフォーマンスが悪いから」に尽きるかなと感じてます。

リアップを使うのをやめた3つの理由

デメリット1: ごわつく・白い粉が出る。

 

僕の髪型は、ベリーショート+ちょいソフトモヒカンです。5年後には、アド街ック●●の「山田 ●郎」の席は僕が奪ってます。そんな感じです。

一応リスペクトはしています。だから眼鏡は黒縁に変更させて頂きました。

 

さて、話を戻しましょう。

 

こんな僕でも、トップのところがゴワつくのです。『プール上がりの髪に近い』と形容すれば、ご理解がいただけるでしょうか。

今年は、リアップ→ロゲイン→カークランドと渡り歩いて来ましたが、ごわつき感が一番あるのはリアップです。

こんな短髪の人間でも煩わしいのに、髪の毛が長い人からすると結構なストレスだと思い、リアップは使いにくいんだろうなと想像しています。ワックスのノリが悪くなりますね。

あと、最近気づいたんですが、ほんの少し白い粉がでません?白いというか、透明というか、塩の結晶のようなものが気になるのです。個人的な見解ですけど、今年購入したリアップはそう感じました。

何か、配合されているものや分量に変化があったのかもしれませんね。

デメリット2:ドラッグストアで購入するのが面倒

「いやいやいや、そりゃあ、こじつけっすよ」って?

でも、「ドラッグストアで購入する人」普通にいますよね?「ネット通販で買えば良いじゃん?」って言いたいのは分かってますよ。

でも、最寄りの地域密着の中堅ドラッグストアがなんだか異常にお値打ちなんですよ。「僕マーケティング的」に言えば、「ドラッグストア+楽天+アマゾン」で比較すると、楽天とアマゾンを凌駕するお値打ち感があるんですよ。そういったシチュエーションは当然あります。

「僕マーケティングの話」は一旦置くとして、言いたいことは・・・

「恥ずかしい思いをしながらリアップを購入している方々が、ネット通販を選択すれば、そもそもリアップに固執する理由がなくなるはずだ」ということなんですね。

 

ん?ロジックが逸脱してますか?

つまり、『恥ずかしいけど、耐えられないわけでは無い。多少慣れた感もある。』そういった感覚で、リアップをドラッグストアで購入するユーザーがいる。

このユーザーにネット購入のベネフィットを提案できれば、対面販売で購入することがなくなるのはもちろん、リアップよりメリットが多い「ロゲイン」や「カークランド」にも目が向き、一度試して見よう・乗り換えようと思うのが普通です。

あなたは、ドラッグストアでリアップを購入したことがありますか?「恥ずかしい」んですよ。

誰にも見られずに、リアップをレジに持っていき、タイミング良く並ばずにレジを通す技術は難易度が高い。

そもそも、ドラッグストアのレジを並ばずに通過することが困難ですよね。レジのスピードが遅いからです。ドラッグストアのレジは何故あれ程に時間がかかるのか?スーパーを見習えと問い詰めたいと憤りを感じながらキョロキョロするわけですよね。

そうすると子連れの主婦の視線が、僕の右手に握られた、妙にギラギラしたパッケージのリアップX5に注がれているのを感じるわけですよ。

そして、レジに持っていくと、「薬剤師カウンターに行け」と言われるケースもあります。そもそも、男性用のアイテム(育毛剤や整髪料)売り場に置いてないところも多いです。近所の薬局では、調剤カウンターのそばに置いてありました。

また、「薬剤師が居ないから出直してくれ」と言われることもある。リアップは、購入時には必ず薬剤師のチェックを受けることが必要と規定されている第1類医薬品なんですよね。

薬剤師殿がいない時は買えないのですよ。「夕方は居ないので昼に買いに来るように」というスタンスのPOPまで売り場に置いてあるところが多いですね。

つまり購入時には、薬剤師殿に面談の上、「自分は薄毛である」、「過去に購入して炎症などのトラブルはない」、「この一問一答を早くおわらせろ」、「さあ今すぐそれを渡しなさい」と伝えないと行けないのです。

んな購入の仕方をしなければいけないのに何故高額で購入しなければならないのか?疑問でしょうがないですね。

リアップの価格が高いから

リアップX5ってなんであんなに高いんでしょうか?この記事にも書きましたが、世界に目を向ければ、ロゲイン(Rogaine)カークランド(Kirkland)フォリックスFR02という、安価なミノキシジル配合の商品が出ているにもかかわらず、いまだに高いです。

リアップはロゲインのジェネリックではなく、ライセンスを購入して販売されているから、ライセンス料があるのはわかりますけど、それでも高いですよね。

【育毛剤価格比較】

2017年12月

リアップX5

大手ドラッグ

リアップ

楽天最安値

ロゲイン

オオサカ堂

カークランド

オオサカ堂

商品価格  7,790円 7,611円  5,701円  3,424円
一日あたり  259円  253円  95円  57円
年間コスト  94,535円  92,345円  34,675円  20,805円
 順位 4位  3位  2位  1位

※リアップは1本単位で購入が可能。ロゲイン・カークランドは2本単位での購入価格です。

※1日あたりと年間コストの計算方法は、1ヶ月を30日、1年を365日として計算。

※全ての商品の1本の内容量は60ml。一日朝夕各1mlづつ塗布して、1本を30日で消費する前提。

まとめ

このように、1日あたりの価格、年間コストに落とし込むと一目瞭然ですね。

AGAの治療は非常に長くなります。むしろ一度発症すると、本人が治療をやめようと思うまで、ずっと続ける必要があります。

あなたが、この先もリアップを選択し続けると、カークランドやロゲインと比較して、年間で6万~7万のコストの差が生まれて来ます。

これを10年続けるとすると・・・。60万~70万円のコストの差が生まれますね。

 

何を選択することがお得なのかは、考えるまでもないですよね。

 

ロゲインに関しては、全世界で実績がある商品です、リアップはロゲインのライセンスを買って日本バージョンとして、商品名を変えて販売しているだけです。

カークランドにおいては、日本人にも馴染みのあるコストコが製造販売している商品です。カークランドに至っても、ロゲインのジェネリック商品です。

全ての道は、ロゲインに通じるわけですので、ロゲイン一択の選択肢で問題は無いのでは?と考えます。僕はもうリアップには戻れないですね。

 

ではではこの辺で

ロゲインの価格チェックはコチラ↓

カークランドの価格チェックはコチラ↓

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【チャップアップの口コミの闇】楽天とアマゾンで評価が割れる理由

【まだ高いリアップを使いますか?】ジェネリックやメディカルミノキ5には期待するな...

ミノキシジル育毛剤で抜け毛が減らない 理由を知っていますか?

育毛剤で頭がかゆい?それ「プロパンジオール」入りですか?

リアップX5、ミノキシジルの耐性で効果がなくなった僕の対処法

【完全保存版】カークランドとロゲインの徹底比較。【画像多め】