【画像有】大学生からM字ハゲの僕が10年薄毛を維持した方法の全て

初めまして。

本サイトを運営しているM字先輩と申します。本サイトをご覧頂きありがとうございます。

世の中には、自分の薄毛やAGAの治療記録を公開しているサイトが多くあります。このサイトもその1つです。このサイト名が「M字先輩の部屋」となっている理由は、もちろん、僕がM字ハゲだからです。

ね(笑)、本意気のM字ハゲだったんですよ。

ちなみに、この写真は大学生の頃ではなく。25~26歳の頃でしょうか。これから約10年間、AGA治療を続けています。

 

M字ハゲで死ぬほど悩んだ時期を持つ過去を持つM字先輩として、20代、大学生の若い人たちに、言いたいことはこれだけです・・↓

・デコが広い人は、騙されたと思って、AGA対策をやっとけ!!

・今から、塗っとけミノキシジル!!ミノキシジルならフォリックス!!

・ミノキシジルとフィナステリド以外は効かない。

 

本サイトは、基本的に僕の体験談ベースで記事が更新されております。

効かなかったもの、効く要素が見当たらないもの、バッサバサ切り捨てます。

M字ハゲを治したいと思う同志は続きをスクロールしていただけると何かお役に立てると思いますよ。

今すぐ、オススメの育毛剤が知りたい方は、この記事読んでいただけると幸いです。

内部リンクなのでご安心ください。

フォリックスFR16ではなく、あえてフォリックスFR15を選んだ3つの理由

M字先輩の部屋のAGA治療に対する方針

前述の通り、このサイトでは、AGAやM字ハゲの治療に関しては網羅性を追求して書くことは出来ますが、育毛剤系やシャンプーにおいて、使ったことも無い商品をレビューする気もありません。

例えば

「5年連続 楽○売上第一位 ミノキシジル非配合で副作用のない育毛・・」

「ミノキシジルでは生えない!!あの芸能人も愛用、無添加の育毛剤!」

「M字ハゲに特化した育毛剤!!ナノの粒子の力で・・・・」

「あの、元●崎県知事も生えた、ビタミンCの力で・・・」

的な商品は紹介するつもりもありません。

 

無添加とか、ミノキシジルには副作用があるから、やめておけ、こっちを買っておけって性質の記事を書く気はありません。

・「ミノキシジル非配合・・馬鹿じゃないの?」

・「ハゲを舐めるなよ」

・「お前、ハゲてないから、効果のない育毛剤を紹介できるんだね」

M字先輩はこう思います。

だから、このサイトを見てくださってる同志は、ミノキシジルが入ってない育毛剤は絶対買ったらダメですよ。

初期脱毛がない楽天1位の育毛剤はやめておけ!7つの理由を暴露!

 

もう、2000年に入ってから、M字ハゲにかかわらず、AGAに対しての治療方法ほぼ確立されていますこのサイトで、提言する治療方法は一貫して決まっております。

たった1つの手順とは下記の5ステップです。

①AGAクリニックの無料カウンセリングに行く

 あなたがAGAかどうかの判定をしてもらう場です。自らスコープ等で頭皮を確認し、自分がAGAで有ることを専門家に判定してもらう。

 自分がAGAであることを受け入れ、納得し。治していこう!」と強く心に思誓う作業をする場です。

このプロセスが無いと、途中で挫折します。

 

②AGAクリニックで薬の処方をしてもらう

 プロペシア等のフィナステリド系の治療薬を処方してもらってください。

どこのクリニックでも、MSD社のプロペシア錠、ファイザー社のフィナステリド錠のどちらかは選択することができるでしょう。

もちろん、国産のジェネリックも多く出てきています。

価格が安いプロペシアのジェネリック医薬品5種類の比較

 

③AGAクリニックへの通院

初回診察から、AGAクリニックに6ヶ月~1年間通うこと。

抜け毛が減ったと実感するのは平均して4ヶ月~6ヶ月頃という意見が多いです。

(効果が無いなら通院をやめてください。おそらくあなたはAGAでは無いので治療をしたところで、効果が出ない可能性が非常に高いです。)

 

④治療方法の決定をする

現状維持であったとしても、抜け毛が減ったと思った方は、

「そのままAGAクリニックに通い続ける」もしくは、「AGAクリニックへの通院をやめて、個人輸入等で治療薬を取り寄せて治療をする」

この2択から選択してください。

 

⑤補足的な治療方法に関して

シャンプー類に関しては、大手メーカーが製造販売しているものより、ノンシリコンシャンプーか無添加の石鹸でのシャンプーを推奨します。

頭皮に栄養素を届けるために、食生活の改善や、適度な運動習慣、サプリメントでの栄養補給を推奨致します。

本サイトでは、この①~⑤の5ステップの治療方法だけを推奨します。

M字ハゲの治療費は7年間で80万円もかかるのか?

本サイトのタイトルでもある、「7年間で80万円以上つぎ込んだAGA治療のすべて」ですが、これ煽りでもなんでもないです。

正直様々な実験もしたので、100万円以上は使いました。

 

7年間で70万円ということは、1年間で約10万円弱ですね。これって相当普通です。というか安いです。いわゆる最低限の抜け毛予防治療ですね。

もしあなたが、月額1万円で現状維持が出来ているなら是非続けてください。

 

AGAクリニックでも、ミノキシジル系の育毛剤のオプションをつけても、月2万円までの費用が掛かります。

尚、頭皮への注射(メソセラピー)を希望すると1回3万円~5万円程度の費用が掛かります。

AGAクリニックに通院した場合の平均的な月額治療費は1万5千円でしょう。

そもそもAGA(男性型脱毛症)とは?

AGAの定義

そもそも、AGAとは何のことなんでしょうか?

おさらいですが、AGA(エージーエーと呼びます)とは、「Androgenetic  Alopecia」の略で、日本語に訳すと「男性型脱毛症」と表現されます。

「思春期以降にみられる、髪が薄くなる状態」のことです。

 

ですから、20歳の若ハゲも、40代の薄毛も、成人男性の薄毛であればAGAと判断される場合があります。

一方で、20歳でも40歳でも、AGAではなく「まったく違う要因」で薄毛になっている場合もあるということです。

僕の場合ですが、おそらく25歳以前には「あーこれは、やばいかな・・?」と認識してましたね。

21歳の大学生です。僕の薄毛はAGAですか?

AGAには種類があるか?ハゲ方の違い。

いわゆる、どのような「薄毛」がいわゆるAGAといわれているのか?という点ですが、AGAによる薄毛にはいくつかのパターンがあります。

・額の生え際から進行していくもの

・頭頂部から進行していくもの

・額の生え際と頭頂部の双方から同時進行していくもの

だいたい、上記の3パターンに分類されますが、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪が薄くなってしまいます。

 

最終形態は、「波平さん」をイメージしてください。加齢によって、波平に至るわけです。

我々若ハゲが危惧するのは

波平スタイルになるのが、40代に訪れる可能性が高いわけです。

波平予備軍なのです。

 

下記の図をご覧ください。この図は「ハミルトン・ノーウッド分類」といいます。海外の、ハミルトン医師とノーウッド医師が、提唱したものです。

 

僕の場合はⅢです。面白いぐらいに、教科書どおり進みました。

ここ5年程度は、この段階でハゲ止まってます。

AGAの発症時期はいつ頃から始まるのか?

日本人の場合では20歳代後半から30歳代にかけて発症し、徐々に進行していくと言われています。

約30年前に調査された男性型脱毛症のデータでは、日本人男性の発症頻度は約30%となっています。

【参照元資料】
Takashima I.、Iju M.、Sudo M.(1981)
脱毛症アンドロジェティカ – 日本人および関連する状態におけるその発生率。

データー自体は古いのですが、出所が明確な資料だと、30年前の1981年に発表された資料と現在のものしかありません。

尚、この日本人の約3割がAGAに罹患しているという事実は、現在もほぼ同程度であると言われています。

【AGA発症率の目安】

20代で約10%、30 代で約20%、40代で約30%、50代以降で約40%

20代から大学生であっても発症します。一方で、早めの治療がその後の抜け毛の進行を大きく変えて行きます。

19歳の大学生がAGAクリニックの大手3社に治療方法を質問をしてみた。

M字ハゲ・AGAと「加齢による薄毛」は違う?

異なります。AGAは生え際や頭頂部が極端に薄くなっていきます。

加齢による薄毛は緩やかに抜け毛が増え、全体的に薄く見えるようになっていきます。

もちろん、AGAにより脱毛がはじまり、年齢を重ねると共に加齢による脱毛が進行していく場合もあります。

一般的には老化による内蔵機能の低下が原因といわれています。加齢による薄毛は女性においても確認されております。

M字ハゲ・AGAの原因 発毛サイクルへの影響

AGAには遺伝に伴う「男性ホルモン」の異常が大きく関わっていると言われています。

ここで、言葉の定義を明確にしましょう。

日常生活では、聞きなれない言葉が多いですから・・

  • 男性ホルモンの総称が「アンドロゲン」
  • アンドロゲンの中でも、男らしい体作りへの作用が強いものを「テストステロン」と呼ぶ
  • 「テストステロン」が頭皮の中に潜んでいる「還元酵素の5αリダクターゼ」とくっつくと「ジヒドロテストステロン」に変化する。
  • この「ジヒドロテストステロン」が、毛髪のサイクルを壊す原因物質と言われている。

 

ここまで大丈夫でしょうか?

 

さて、AGAはこの「ジヒドロテストステロン」の作用によって引き起こされると言われています。

そもそも、テストステロンは男性が男性らしく体が成長していく為に欠かせない重要な役割を担ってます。

AGAになるかどうかは、このジヒドロテストステロンの受け皿(レセプターと呼ばれます)の性質や数による部分も大きい要因ではないかとも言われています。

詳しくはこちらの記事を参照して下さい。↓

内部リンク:AGA・薄毛の原因を遺伝子レベルで考察する。

 

ヘアサイクルに関してですが、人間の頭髪を含む体毛全てに「毛周期」というものがあります。

成長期、退行期、休止期のループで髪の毛は抜け落ち生まれ変わります。

成長期(約2~6年)
新しい髪の毛が生まれ、活発に育つ状態。

退行期(約2週間)
徐々に髪の毛を成長させる力が滞り、髪の毛の成長が止まる状態。

休止期(約3~4か月)
この時期になると髪の毛は成長せず、抜け落ちるのを待っている状態。

尚、頭髪は、2年~6年のサイクルで毛髪が生え変わると言われております。

 

【毛周期 ヘアサイクル】

画像引用:MSD株式会社ホームページ

 

しかし、AGAを発症すると、このジヒドロテストステロンの影響により、成長期が短くなり、休止期にとどまる毛包が多くなります

M字ハゲ・AGAは治せるのか?治療方法は?

AGAは直せます。厳密に言うと治療ができます。

何度も言いますがM字ハゲも一緒ですよ。

「M字ハゲはAGAではない」、「M字ハゲは進行が早い」、「M字ハゲは治りが悪い」等と耳にしたことありますよね。

都市伝説です。なんら医学的根拠はありません

 

一般的に、あなたが薄毛を意識した場合、選択するへの具体的な治療方法は、以下の3つに分けられるんじゃないでしょうか?

①医薬部外品での治療

「サクセス(有効成分:t-フラバノン)」や「アデノゲン(有効成分:アデノゲン)」などのドラッグストアで入手可能な「医薬部外品」。

医薬部外品は、効果・効能の認められた有効成分が含まれていますが、人の体に対する作用が穏やかなものです。

生えませんし、抜け毛も止まりません。

(AGAがかなり進行している人の場合はほぼ改善が見込めません。)AGAの治療と言えるレベルのものではありません。

②第一類医薬品での治療

「リアップ」でおなじみの、同じくドラッグストアで入手可能な「第1類医薬品」。

AGA(M字ハゲ)の治療を目的とした薬で、有効成分に関して効果が認められています。

特にリアップに関しては、厚生労働省が日本で「唯一発毛効果が有る」と謳っても差し支えない、医薬品として認めている商品です。

医薬部外品と異なり人体への作用がはっきりしていますので、効く可能性も高いといえます。

症状への作用がはっきりしているということは、同時に安全性も確保する必要がある商品ですつまり副作用が確認されるということです。

「リアップは」薬剤師の管理下による販売が義務付けられています。

 

薬剤師が勤務していない時間のドラッグストアでは買えないという経験をされた方もいらっしゃいますよね。

あれすごく恥ずかしい思いをするんですよね。僕が、リアップを薬局で購入することをやめた理由を書いています。

まだ高いリアップX5を使いますか?ジェネリック・メディカルミノキ5の価格への期待?

③医療用医薬品による治療

「プロペシア」や「サガーロ」という、「フィナステリド」・「デュタステリド」という有効成分が配合されたAGA治療薬の「医療用医薬品」があります。

①②とは異なり医療用医薬品に指定されるものは、臨床試験の成績を厚生労働省で厳格に審査された成分が配合されている医薬品です。

AGAクリニックで提供される医薬品は、「フィナステリド」配合の医薬品思って頂いて差し支えありません。

基本的にはプロペシアになると思われます。

もしくはファイザー社のフィナステリド錠1.0mgでしょうか。

医療用医薬品は医師の処方箋がないと入手できません。

今では、フィナステリド配合のジェネリック医薬品を8社が製造販売しているという状況です。

効果と安全性についてのデータがしっかりしていますので、医師の管理・指導を受けながらしっかりとAGAに対処することが期待できます。

プロペシアに副作用はあるか?~妻の妊娠と使用歴5年の僕の子作り体験談

 

④番外編

番外編ですが、上記で触れたリアップの有効成分「ミノキシジル」が配合された医薬品は海外で多く流通しています。

リアップ以外の「ミノキシジル」を番外編とした理由は、日本ではリアップ以外のミノキシジル製剤は販売することの許可が得られていないということです。

 

海外で認知度が高く使用実績の豊富な商品が「ロゲイン」と「フォリックス」です。購入方法や価格比較等解説していますので、御覧ください。

M字ハゲの僕がレビューします。フォリックスFR16をオススメしたい理由とは?

 

いずれにせよ、AGA(M字ハゲ)には複数の進行予防・治療の選択肢がありますので、まずはこれらの選択肢を試してみるのが良いです。

 

AGAは確実に進行して行きますので、どんどんハゲて行きます。

あなたも僕も、20代30代の年頃ですよね?僕は今、35歳ですが40歳まではキープしたいです。

 

あなたの考え方や、AGAの進行遅延・予防に投資できる費用の限界もあると思いますので、押し付けることは致しませんが・・・。

きちんと臨床試験を行い、厚生労働省より認可を得て、今一番多くのAGA患者が受けていると言われる「プロペシア」などのフィナステリド系の薬を使った治療方法を選択することをオススメします。

M字ハゲ・AGAはどこで治療するのか?

上にも書きましたが、現在において最も有効性と信頼性が高い治療方法が「フィナステリド」を配合した治療薬を服用することです。そのためには医師の処方箋が必要です。

AGA治療を謳っている、皮膚科、内科も増えてきました。まずは、最寄りのAGA治療を診療項目に掲げている医療機関を受診するのも手です。

 

ですが、おすすめしたいのは当然、AGA治療を専門にしたクリニックです。これらのクリニックではAGA治療について専門的なサポートが付いてきます。

AGA治療方法の選択の幅、設備、医師の経験値が皮膚科等とは雲泥の差です。

AGAクリニックの場合、治療方法の選択肢が広がるということは、当然高額な治療方法の提案もあります。

 

オプションに関して選択するのはあなたです。ですが、最低半年間はプロペシア等のフィナステリド系の治療薬一本で治療してください。

とりあえずは臆することなく、医療機関を受診してください。僕の体験談も書いてますので、参考にしてみてくださいね。

内部リンク:AGA治療はクリニック選びが大切。皮膚科との違い。

M字ハゲの治療に臨むあなたへ まとめ

最後に、あなたにきちんとお伝えしなければいけないことは、「あなたの薄毛が本当にAGAであるかどうか」を正しく判断しなければいけないということです。

「あなたの薄毛(M字ハゲ)は、本当にAGAによる薄毛ですか?」

頭部全体がまばらになる円形脱毛症もありますし、膠原病や慢性甲状腺炎などの全身性疾患に伴う脱毛、貧血、急激なダイエット、ストレス、睡眠障害、その他の病気による脱毛という可能性も十分あります。

もし、AGAではなくこれらの病気が原因で、抜け毛が増えている場合、それは、別の治療を行わないと改善しません。

 

ですから、まずAGA専門クリニックを受診する必要があると考えています。そこで、AGAであると認定を受けてから、治療方法を医師と相談していくことが大切です。

でも、「薄毛の相談」ってしにくいですよね・・。

とにかく自己流で治したい。そう考えるお気持ちはわかります。しかし、自己判断で無駄な出費や副作用を経験してしまっては元も子もありません。

「まず、行動に移しましょう」

薄毛の改善には、本当に時間がかかります。抜けるのは早いですが、効果を実感するには時間がかかりますので・・。

ではでは。

この辺で。

 

このAGAクリニックは学割もあります。詳細はコチラ⇒

19歳の大学生がAGAクリニックの大手3社に治療方法を質問をしてみた。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AGAクリニックでの治療は19歳大学生でも受けれるのか質問をした

21歳の大学生です。僕の薄毛はAGAですか?

薄毛対策に悩む大学生は食事に「リジン」を摂取せよ!

大学生の僕が薄毛を親戚に馬鹿にされ、親族間が不仲になり、相続争いに発展した話

プロペシアを未成年が個人輸入しました。薄毛に悩む18歳のレビュー

薄毛が海やプールに行くことは自殺行為。大学のコンパで女の子に振られた話