「コーヒーが薄毛に影響がある」とされる原因は、カフェインとタンニンにあるって本当?

どもども。

M字先輩です。

突然ですが、コーヒーはお好きですか?

「毎朝、自分でドリップして本格的なコーヒーを飲む」という人もいれば、インスタントや缶コーヒーならたまにという人もいるでしょう。一方、苦くて全くダメという人もいるかもしれません。

コーヒーは嗜好品と呼ばれます。なくてはならないというものではありません。

ですから、飲む飲まないは好き好きなのですが・・・

薄毛が気になっているアナタにとっては、飲むか飲まないかは、ちょっと考えたほうが良い問題かもしれないんです。

ちょっと詳しく見てみませんか?

薄毛とコーヒーを考える理由は、「カフェイン」の存在

コーヒーにはカフェインという物質が含まれています。

このカフェインとはどのような物質なのでしょうか?

このカフェインは有機化合物であるアルカロイドの一種。コーヒーのほか、緑茶を含めた各種お茶類、ココア(カカオ)などにも含有されています。

また、最近ではカフェイン添加を前面に打ち出した飲料やタブレット、ガムなども販売されています。

このカフェインの最大の特徴は、覚醒作用です。簡単に言うと、神経を興奮させるということです。朝1杯のコーヒーを飲まなければ目が覚めないという人もいるでしょう

このほか、カフェインには鎮痛作用や利尿作用もあることから、風邪薬など医薬品としても利用されています。

ただ、摂りすぎると不眠や頭痛、めまいなどの副作用が生じることもあり、積極的に摂らない方が良い体質の人もいます。また、依存性もあるので、注意が必要です。

カフェインの効果に関して

カフェインが人体にもたらす影響や効果に関しては、世界中の多くの研究機関が研究をしています。各国の研究成果が非常に良くまとめられているものがありますので、引用してご紹介致します。

引用元:内閣府 食品安全委員会 http://www.fsc.go.jp/

このように、

カフェインには血管拡張・血流促進の効果がある

ところで、このカフェインは発毛や育毛に良いという説がありますね。

その根拠となる作用が、末梢血管の拡張作用です。

カフェインを摂ると末端の血管(毛細血管)が広がります。毛髪の材料であるタンパク質は頭皮に張り巡らされた毛細血管によって毛母細胞に届けられますので、その通り道が広くなるということは、頭皮へ栄養素が豊富に供給されるということです。

その一方で、カフェインは脳血管を収縮させる働きもします。

このことによって頭痛が一時的に緩和するのですが、その後に反動で拡張しますので、痛みがかえってひどくなるということが知られています。

いずれも、カフェインが血管に与える作用によるものであり、医学的にも証明されており、エビデンスもあります。

カフェインが男性ホルモンの生成を抑制する?

また、カフェインは男性ホルモンの生成を抑制する働きがあるともいわれます。

この男性ホルモンは男性らしい体つきや生殖器をつくる上で欠かせないものですが、一方で髪の毛に影響を与え、脱毛の原因ともなります。

男性が女性に比べ薄毛が多いのは、この男性ホルモンの量が女性ホルモンに比べて優勢だからです。

男性ホルモンであるテストステロンは5αリダクターゼという酵素の力で、より強力なジヒドロテストステロンという物質に変わります。

カフェインはこの酵素ができるのを抑制する働きがあるのです。

寝る前はカフェインの摂取を控える

カフェインには覚醒作用がありますので、寝る前に飲むのはNGです。

髪の毛の成長には、いわゆる成長ホルモンという物質が大きく関係しています。

この成長ホルモンは就寝後3時間、あるいは睡眠中の午後10時~午前2時に最も分泌されると言われています。ですから、ベッドに入る前にカフェインが入った飲料を摂ると、この時間帯の眠りの質が落ちるというのがその根拠です。

アルコールの摂取に関しても、、同じことが言えますね。詳しくはコチラの記事を御覧ください。

ハゲは黙ってウィスキーを飲め!お酒が薄毛の原因と言われる理由は3つ

ただし、コーヒーにしても、お酒にしても、これは飲む人のさじ加減一つともいえます。

タンニンは亜鉛の吸収を阻害

一方、コーヒーには「タンニン」という物質も含まれています。

これは、よく聞く「ポリフェノール」の一種で、渋みや独特の色の元になる成分です。コーヒーのほか、番茶や赤ワイン、柿などに多いことで知られます。

このタンニンには、亜鉛の吸収を阻害する働きがあります

亜鉛は人間が体内でタンパク質を合成するのに不可欠なもの。ですから、亜鉛不足になると必要なタンパク質を作り出すことができず、髪の毛の材料不足に陥ってしまいます。

亜鉛を多く含む食材の代表は貝類のほうの「牡蠣」。その他には「塩辛」や「からすみ」など魚介類に多いのですが、どれも大量に食べるものではありません。

したがって、現代人は常に亜鉛不足で、1日の必要量の半分も食事から摂取できていないという報告もあります。

このような状況で、コーヒーを多く摂取するということは、タンニンの影響でただでさえ少ない亜鉛の吸収が抑制されるということに繋がります。

もはや、薄毛で悩む人がコーヒー好きであるということは、ダブルパンチを浴びている状況です。

カフェインの摂取は、おいしく適量なら問題が無い

このように、コーヒーには発毛・育毛にいいと言われるカフェインと、逆に悪影響があるとされるタンニンの両方の成分が含まれています。

カフェインについては、「カフェインレス」をうたったコーヒー飲料もありますので、それをチョイスすればいいのですが、そうした商品でもタンニンは除去されていませんので、注意が必要です。

ただし、前述したとおり、コーヒーは嗜好品。飲むのは好き好きです。

また、いくら毛髪に影響のある成分が含まれているといっても、大量に摂るのでなければメリット・デメリット双方ともに大きな影響がないレベルです。

逆に、朝に目覚めコーヒーを我慢したり、逆に必要以上に飲んだりする方が精神衛生上問題でしょう。

こと亜鉛についていえば安価なサプリメントがスーパーやコンビニでも売られていますし、日常の食生活にちょっと気を遣えばすむこと。

あまり神経質にならず、おいしいコーヒーブレークを楽しみましょう。

ではではこの辺で。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

薄毛に効く納豆はどっちですか?効果が出るイソフラボンの摂取方法とは?

薄毛は小麦に騙されるな!グルテンフリーとハゲの因果関係とは?

リジンのサプリを比較!M字ハゲで薄毛の僕がL‐リジンプラスを使ってみた【写真あり...

カプサイシンに育毛効果はありません。薄毛も治りません。でも血行改善はありえます。