薄毛に効く納豆はどっちですか?効果が出るイソフラボンの摂取方法とは?

どもども。

M字先輩です。

もはや、煽られているとしか思えないタイトルの記事ですよね。

ですが、煽っているつもりは毛頭ありません。毛乳頭は減少気味ではありますが。

たまに頂く、コメントやメッセージにこの「どっちの納豆が薄毛に効くか?」という文言がありました。

 

言っていいですか・・?

 

「ごめん、しらんがな。でも俺はひき割り派・・・」

とキーボードをタイプしましたが・・・。

待てよ・・と逡巡しました。「ひき割り納豆と、粒納豆、どちらが薄毛に効くのか?」を調べて見る価値はあるかと思いましたので、以下報告です。

そんなに引っ張るトピックでも無いので、結論を記載すると「薄毛に効く納豆が、どちらのタイプなのか?という質問に対しては、どちらも変わらないでしょう」としか言えません。

医学的根拠の無いものに対して、「こちらが薄毛に効く」とは言えません。

ただし・・

・ひきわり納豆と、粒納豆では、栄養素の違いがある。

・どちらの納豆にも含まれる、「イソフラボン」は毛髪に作用することが分かっている。

このことを、ご存知では無い方は、下記をご覧いただき、薄毛予防、育毛に励んでいただければ幸いです。

イソフラボンの育毛効果を学ぶには女性・男性ホルモンへの理解が大切

AGAという言葉を聞いたことがありますか。あるという方は、髪の健康に興味がある人ですね。AGAとは「Androgenetic Alopeci」の略で、日本語では「男性型脱毛症」と呼ばれます。

男性は女性よりはげやすいということがよく言われます。これはある意味事実です。

薄毛の原因の最大のものがテストステロンという物質で、俗に「男性ホルモン」と呼ばれるものです。

この男性ホルモンがが、おもに頭頂部から前頭部にかけての毛乳頭の受容体と結合することで、ジヒドロテストステロンという物質に変化して、毛母細胞(毛乳頭)の活動を妨げ、髪の毛が成長する前に抜けるという仕組みです。

女性に若ハゲや薄毛が少ないのはエストロゲンが髪を育てるから

女性の場合は、「エストロゲン」という通称「女性ホルモン」の分泌が多いからです。

ですので、逆の言い方をすれば、女性でも年齢を重ねたり、出産や閉経後の更年期障害などでホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの量が少なくなると、相対的にテストステロンの働きが強くなり、髪の毛が細くなったり、場合によっては薄毛になることがあるんです。

ちなみに、男性にも女性ホルモンの分泌はあり、女性にも男性ホルモンの分泌はありますからね。分泌される量の違いが、男性らしい体を作り、女性らしい作るということです。

性同一性障害の方が、男性ホルモンを作る睾丸を除去したり、女性ホルモンを注射して、すね毛やひげの脱毛を試みることと同じです。

疑似女性ホルモンが救世主に

とすれば、男性でも、「エストロゲン」を多く摂れば薄毛が防止でき、多くの人の悩みが解消することになりますよね?

ただ、高濃度のエストロゲンそのものを吸収できるような食物はありませんし、商品も市販されていません。

そこで、注目されるのが大豆等に含まれる「イソフラボン」です。

この物質は体内でエストロゲンと似たような働きをするため、「疑似女性ホルモン」とも呼ばれています。

エストロゲンの摂取には高タンパク質の大豆が最適

大豆は高タンパク質の食材としても知られています。

髪の毛は、皮膚や爪と同様にタンパク質でできています。ですから当然、高タンパク質の食物は髪にもお肌にもいいということですね。

ですから、大豆を豆料理としてそのまま食べるだけでなく、豆腐やおから、湯葉、納豆などさまざまな加工品で摂取することで、髪の健康にも良い効果があると言われております。

豆乳で手軽に摂ることも

ただし、毎日毎日豆腐や納豆を食べるというのは荷が重いですね。

でも、朝コップ一杯の豆乳を飲むというのであれば、苦にならないという人も多いはず。豆乳だったら冷たく冷やしても、すこし温めてもおいしくいただくことができます。

また、スーパーなどに行けば、飲みきりサイズの紙パック入り商品がたくさんあります。味もいろいろですので、飽きずに続けることができます。

また、大豆加工品のなかでも、納豆を1パック食べるよりも、豆腐を半丁食べるよりも、豆乳を125ml飲むほうが、イソフラボンが効果的に摂取することができるとされています。

辛いものも髪にいい?

少し話がそれますが、「辛いものが髪にいい」という話もあります。

辛いものの代表は、何と言っても唐辛子でしょう。唐辛子を辛くしている原因物質は、カプサイシンと呼ばれる化合物です。このカプサイシンには血管拡張や発汗のがあります。髪の毛は頭皮にある毛母細胞(毛乳頭)というところで作られ、その元はタンパク質です。

これは血液に乗って運ばれますので、血流がいいということは、髪の毛の材料が滞ることなくやってくるということです。

また、発汗作用により毛穴につまった皮脂や汚れの排出が促進されますので、髪のすこやかな成長も妨げないということになります。

事実、カプサイシンをマウスに皮下注射すると体毛が伸びたとか、カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取すると発毛に効果があったとの論文もあります。

カプサイシンと育毛の効果の真偽は当サイトのコチラの記事を御覧ください。詳しく書いてあります。

効率的な摂取はサプリメントがオススメ

ただ、髪にいいと分かっていても、大豆を材料にしたものを毎日食べるわけにはいきませんね。そこでおすすめなのがサプリメントです。

大豆イソフラボンをサプリメントにした商品は、1か月分でも数百円で市販されています。

お近くのドラッグストアやスーパーなどで簡単に手に入るはずです。手軽に飲んで手軽に育毛、今日からでも始められますね。

サプリメント頼りはNG、毎日のお手入れも重要

ただし、AGAが進んでくる年齢になると。総合的な視点で、頭皮のケアや、育毛対策を取らなければ、抜け毛の維持が難しいです。

ですから、社会人になり、多くのストレスの荒波にさらされる頃には、毎日のヘアケアにも気を付ける必要があります。

例えば、特に、男性は加齢とともに頭皮の皮脂が多くなる傾向にありますので、洗浄力の強いシャンプーを使いがちですが、必要な脂分まで落としてしまうのはダメ。

できれば、自然由来の成分を中心とした、ソフトなシャンプーを使ってください。

また、女性で髪の長い方にありがちなのは、面倒くさいからと生乾きのまま放置してしまうこと。頭皮に雑菌が繁殖してトラブルの原因になりますので、よく乾かしてからベッドに入りましょう。

まとめ

このように、男性のみならず、女性でも薄毛で悩んでいる方は多いですよね。

中には「歳だから」と諦めている人も、「どうせ遺伝だから」と考えている方でも、その抜け毛・薄毛が日ごろの生活や食習慣をちょっと改善するだけで解消の方向に向かうとすれば、いかがですか?

ただ、確実にAGAの男性は、AGAクリニックを受診し、プロペシア等のお薬を飲むことが急務です。そのうえで、日々の食事を見直して改善する必要が有ると言えます。

ではではこの辺で。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

薄毛は小麦に騙されるな!グルテンフリーとハゲの因果関係とは?

リジンのサプリを比較!M字ハゲで薄毛の僕がL‐リジンプラスを使ってみた【写真あり...

カプサイシンに育毛効果はありません。薄毛も治りません。でも血行改善はありえます。

「コーヒーが薄毛に影響がある」とされる原因は、カフェインとタンニンにあるって本当...