フィナロイドが危険・偽物と検索される3つの理由とそれに対する反論

どもども

M字先輩です。

今回のテーマは「フィナロイドは危険なのか?」、「偽物をつかまされるのか」という点を掘り下げていきたいと思います。

 

AGA治療薬と言えば「プロペシア」が有名ですね。こちらは購入先にもよりますが、一ヶ月分が5000円~7,500円とかなり高額な薬です。

 

ちなみに購入先によっても、大きく価格が変わってきます。↓

若ハゲ目線のAGA治療費用の比較ランキング。フィナステリドは6ヶ月で幾ら?

 

そこで登場したのが、フィナロイド等のプロペシアのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品って何?という方は、こちらの記事をご覧ください。

価格が安いプロペシアのジェネリック医薬品5種類の比較

 

ネットで、フィナロイドに関して調べられたことかと思いますが、「危険」、「偽物」というキーワードが出てきたのではないでしょうか?

 

では、本当にフィナロイドは危険なのでしょうか?また偽物が出回っているというのは本当なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

フィナロイドが最安値のフィナステリドではなかった。これは盲点・・

フィナロイドが「危険」・「偽物」と検索されるのは何故か?

フィナロイドは2016年半ばくらいから、「薄毛界隈」では騒がれてきたフィナステリドです。

新しく流通しだした、フィナステリドという、漠然とした不安から、「安全」、「危険」、「偽物」といった、フィナロイドの不安を煽る関連キーワードを検索してしまう。

 

その結果、ヤフー知恵袋や、AGA関係のブログ等で、その不安に呼応した記事が作成される。という事態になっていると考えております。

ブログの記事も、需給バランスで成立しているのです。

これはひとえに、

フィナロイドという医薬品の安全性に関するリソースが足りないこと

このことに起因するものでしょう。

 

M字先輩のサイトでも、不安をあおるようなレビュー記事を記載しておりますので、私もその不安を醸成する一旦を担っているわけですよね。

以前に書いた、「フィナロイドの匂いが臭くて、結局プロペシアに戻った」なんて記事を書かれたら営業妨害も良いところですよね。

フィナロイドを危険・偽物と思ってしまう3つの理由

フィナロイドに対して、「危険」だの「偽物」だの言ってしまいたくなる理由があるはずです。そうです、フィナロイドにも非はあります(笑)

結論を先に記載します。簡潔ににまとめると下記の3点です。

①フィナロイドの製造会社・製造国って、「フィリピン」じゃん。

➁バイアグラのような海外流通医薬品には偽物が多いって聞く。

➂有名なプロペシアと比較してなんでこんなに安いの?

ほら、怪しい臭いがプンプンしてきましたよ・・。

ちなみに、フィナロイドは、本当に臭いですよ。(あくまで、M字先輩的にはね。)

フィナロイドには飲み方にコツがある?僕は匂いが臭くてプロペシアに戻ります。

 

それでは、この4つの理由を一つづつ精査して行きますね。

①フィナロイドの製造会社・製造国に不安がある。

あなたが思っていることはこうではありませんか?

・フィリピンの会社ってなんか信用できない。

・品質が悪いんじゃない?

・だって後進国じゃん。

 

もはや典型的な島国根性です。もっと、グローバルな視点で考えてください。結論を先に記載します。

フィナロイドは、日本国内では未承認薬のために処方されることはありませんが、その信頼度は国際レベルにあります。

多くの消費者は、「国産」を求める声が多いですが・・何をもってして、国産というのでしょうか。国産の定義はもはや崩壊してますよね。

昨今、自動車・アパレル・日用雑貨・食品加工・・・、製造業全般は、中国・タイ、ベトナム、ラオス、インドネシア等、アジア諸国に製造拠点を持っている時代です。

 

製薬メーカーであっても例外ではありません。

海外の製薬メーカーと合弁会社を設立したり、業務提携を行い製薬事業を行っているのが通例です。例えばインドなんかその最たる例です。

引用:産経新聞社

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/150929/mcb1509290500014-n1.htm

フィナロイドを製造しているのはフィリピンのロイド・ラボラトリーズ(Lloyd Laboratories, Inc.)という会社です。日本では無名ですよね。

心配になる人もいるかもしれませんが、フィリピンのブラカン州に本拠地を置くこの会社はアメリカ、インド、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシアに製造拠点を持ち、年間売上高が1億ドルを超えるというグローバルな医療品メーカーです。

 

国際的な品質マネジメントシステムのISO9001も認証取得しており、その品質の確かさからアメリカFDA(食品医薬品局)やWHOからの承認を受けて、ロイド社の製品は世界に流通しています。

引用:日本経済新聞社

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22940820R31C17A0TJ1000/

そしてこの記事のように、日本でもジェネリック医薬品の売上高№1、2を争う「日医工」と業務提携を結ぶほど、ロイド社は品質基準が認められている会社です。

余談ですが、2017年の決算では「日医工が1647億円」と「沢井製薬1681億円」が、日本国内のジェネリック医薬品業界では№1と№2となっています。

フィナロイドに関してもその品質に疑う余地はありません。

フィリピンだから、品質が粗悪という考えは今捨ててください。

 

フィナロイドの最安値価格をチェックする➡

➁海外流通医薬品には偽物が多い?

まず、この点に関して、結論を記載します。

フィナロイドの偽物を作るメリットはありません。

フィナロイド自体、販売された時期が遅すぎます。

うまみが無いのに偽物を作る必要ってないですよね。

悪徳業者は、何故偽物を作るのでしょうか?それは、儲かるからですよね。「正規品よりも安価に偽物を作り、正規品と同等の価格で消費者に売る」

こうして、大きい利ザヤを作るのです。

 

では、悪徳業者はどのような商品であれば偽物を作ろうと考えるのでしょう?偽物を作る価値がある商品とは何だと思いますか?

それは、「人気のある商品で、且つ、正規品の価格がある程度高価なもの」です。

 

例えば、バイアグラのコピー品が出回った背景を見てみましょう。

・バイアグラ25mg:1粒1,000円~1,300円

・バイアグラ50mg:1粒1,500円~2,000円

このように、医薬品の偽物はバイアグラのように、そもそも正規品の価格が高すぎるから作るメリットがあるということです。

 

プロペシアを見てみましょう。

2018年現在、プロペシアは1ヶ月分(28粒)を約6,500円を相場価格として販売されています。

日本国内の製薬メーカーが、ジェネリック品を1ヶ月分(28粒で約4,000円~約3,000円で販売しています。そして、フィナロイドは、1ヶ月分28粒で約2,000円です。1粒70円です。

こんな、すでに安い商品になっている医薬品の偽物を作っても、儲からないのでメリットが無いですよね。

 

次に、上記で、「タイミングが遅い」と記載しました。この点を解説しましょう。

プロペシアの成分特許が切れてからは、フィナステリドのジェネリックは多数販売されています。

日本では、2015年~2016年に沢井製薬、クラシエ、東和薬品、あすか製薬、武田テバ、富士化学工業等、日本の大手製薬会社が、一斉に販売を始めました。

日本のジェネリック医薬品メーカーが、プロペシアのジェネリック品を販売した後に、フィナロイドが販売されています。

つまり、国産のジェネリック品が出回った後に、フィナロイドが販売されているわけです。

つまり、フィナロイドは後発中の後発なんです。

こんな商品の偽物を作ったところで大して、儲からないと思いませんか?

➂プロペシアと比較してなんでこんなに安いの?

さてこれで最後、3つ目の理由ですが、日本には「安かろう・悪かろう」という言葉があります。

  • 安いものは粗雑だ。
  • 安すぎるものは、偽物だ。

ネットの口コミを見ているとわかるんですが、「フィナロイドって、なんでこんなに安いんでしょうか?」、「安すぎて怖いんですが、偽物でしょうか?・・」、「危険ですよね」なんて、言葉をよく見かけます。

しかしながら、「安すぎる」という表現は言い過ぎです。

上の章で、いくつかジェネリック医薬品のメーカーの名前を記載しましたが、例えば日本のジェネリック医薬品メーカーである「サワイ製薬」ご存知ですか?

沢井製薬HPキャプチャ

https://www.sawai.co.jp/

 

そう、あの高橋英樹がCMキャラクターを務めている「サワイ製薬」です。このサワイが手掛けるプロペシアのジェネリック品に関しては、国内のAGAクリニックでも提供されています。

若ハゲ目線のAGA治療費用の比較ランキング。フィナステリドは6ヶ月で幾ら?

如何ですか?リンク先の記事内に、各社のプロペシア等のフィナステリドの販売価格の比較表が記載されています。

AGAクリニックの企業努力もありますが、国産や欧米の製薬メーカーが提供するフィナステリドがもう、こんな値段で提供されるわけです。

フィナロイドの場合、そもそも人件費が安い東南アジアで作るわけですから、商品の販売価格が安くて当然なわけです。

下記の製造業における人件費の比較表をみてください。↓

資料参照:ジェトロ

https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/d78a35442e4ce3c0.html

医薬品大国であり、あなたもご存知の「フィンペシア」を製造するシプラ社のあるインドは、日本での人件費を100とすると10以下です。

フィリピンは日本の約10分の1の人件費です。

日本の大手ジェネリック医薬品メーカーが国内工場で製造した商品が、3000円~4,000円であれば、これだけ人件費の低い国で作られた医薬品が1950円であって、なんら不思議ではないです。

フィナロイドが安すぎるなんて言っている人は「世間知らず」なだけです。

フィナロイドの最安値価格をチェックする➡

まとめ フィナロイドの偽物を掴まされない為には「危険予知」が大切

それでも、確かに、海外からの品物購入になりますので、注意しなければならないのは偽物の存在です。

まず、今のところフィナロイドの偽物が出回っているという情報はありません。ただこういったものは見た目では判断できませんよね。

 

そうすると方法は一つです。

できる限り信頼できるルートから購入するしか方法はありません。

 

フィナロイドを購入するルートは複数あります。但し全ては個人輸入代行サイトになります。

注意すべきなのは、あるサイトだけ非常に安く販売されているときは怪しんだほうが良いかもしれません。できるだけしっかりしたルートを推奨するのには他にも理由があります。

「個人輸入した医薬品の使用に伴う健康被害は自己責任」というルールです。

 

日本で承認を受けて処方されている薬で重大な副作用がでた場合には救済してくれるという制度があるのですが、個人輸入をしたものに関してはそれがなく、自己責任となります。

 

そのため怪しげなルートから購入した医薬品が偽物で、重大な疾患が出たとしても自己責任となってしまうのです。それゆえ危険といわれるのです。

 

そういった理由もあって、信頼できるサイト推奨の購入ルートなどを利用し、危険を寄せ付けない。危険予知の活動が重要になってくるのです。

 

老舗の個人輸入代行サイトです。綺麗で使いやすいサイトです。

 

M字先輩が国内未承認薬を購入する場所は5年前からココ⇒

 

フィナロイドが最安値のフィナステリドではなかった。これは盲点・・・

 

 

【フィナロイドの効果】

フィナロイドはプロペシアと同様の効果がある医薬品です。その効果はまず毛周期を正常化させるところから始まります。

髪の毛は成長期、退行期、休止期という時期を繰り返すことで生え変わっています。

この成長期が4~6年と長くあれば正常なのですが、頭皮の健康状態や衛生環境、ストレス、栄養不足などによって数か月程度まで短くなってしまうことがあります。

成長期が短くなって、髪の毛が抜けやすい休止期が長くなれば当然薄毛が進行していくことになります。

その乱れた毛周期のサイクルを正常化させていくことからAGA治療は始まるのです。

フィナロイドは毛周期を正常な状態にしてくれる効果があるのです。

 

【フィナロイドの危険性とは】

プロペシアやフィナロイドには副作用があります。有名なところでは「頭痛」「腹痛」「吐き気」などです。

これらは一時的なものですぐにおさまることが多いのですが、人によってはこういった状態が続くことがあります。

体質的にどうしても合わないという人がいるのは仕方ないことです。

また、特に決められている使用量を超えて使用した時に見られるのが「性欲減退」「精子減少」「勃起不全」です。

もちろん個人差があることで使用した全員に起こるものではありませんが、なかでも「勃起不全」はよく起こる現象のようです。

これも一時的な場合がありますが、ずっとこの症状が続くようであれば一度使用を中断するか医師に相談するのが良いでしょう。

体質的に合っていないのに使用を続けてしまった場合、そこから使用を止めても症状が改善しない「ポストフィナステリド症候群」になってしまう可能性があります。

他には「肝機能の低下」というものもあります。

特にフィナロイドを服用しているときに多量のアルコールを摂取すると強く酔ったり二日酔いとして残ったりすることがあるようです。

 

【フィナロイドの使用方法】

フィナロイドは高い効果を持つ医薬品ですが、それだけに正しい使用方法が求められています。

・いつ服用するか

フィナロイドの血中濃度を一定にして効果が持続するようにするために毎日決まった時間に服用しましょう。

・服用量

1日1回1錠です。

それ以上の服用は効果が出るよりも副作用が出る可能性が高くなります。必ず用量を守りましょう。通常6ヶ月以上継続して使用することで効果が発揮されていきます。

・服用できない人

以前にフィナロイドでアレルギー反応などが出た人。

女性の人。

20歳未満の人。

肝機能障害がある人。

・保管方法

直射日光があたらない涼しい場所。小さい子どもの手の届かないところ。誤飲の原因となるために容器は入れ替えない。使用期限を守り、期限内であっても開封したものは2日以内に服用すること。

フィナロイドが最安値フィナステリドではなかった。これは以外な盲点

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィナロイドとフィンペシアどっちがおすすめ?その質問自体がナンセンス

フィナロイドとは?プロペシアのジェネリック品。どんな違いがある?

プロペシアとザガーロの効果の比較とは?医学的データーを検証

価格が安いプロペシアのジェネリック医薬品5種類の比較

焦るな!フィナロイドがすぐ効かない・・?⇒6ヶ月~1年の期間が必要

勘違いしてませんか?プロペシアとザガーロでは髪は生えないですよ。