フォリックスFR15は効果があるかどうかを判断する3つのポイント【写真】

どもども、M字先輩です。

 

今回は「フォリックスFR15は効果のある育毛剤かどうかを判断する3つのポイント。」というテーマに関して書いていきます。

「効果がある育毛剤かどうか?」

あなたも僕も、薄毛に効くものを使いたいわけで、効果の無いものは使いたくないですよね。

また「効果がある・ない」という感覚は主観であり難しい判断です。

 

「効果のある・無し」を論ずるにあたって大切なのは、「使用者の均一性」です。

 

例えば・・

・毎日7時間睡眠時間が確保できる人、月の半分が夜勤の人。

・喫煙習慣が有る人、無い人。

・毎晩晩酌をする人、しない人。

プロペシアを飲んだ上で、「ミノキシジル育毛剤の効果のある無し」を主張している人。

プロペシアを飲まずに「ミノキシジル育毛剤単体」で効果のあるなしを主張している人。

 

使用者が抱える、バックグラウンドは様々です。

それらのバックグラウンドを語ることなく、「ある人は効果があった」と言い、「ある人は効果が無かった」と言うわけです。

医療用医薬品でも無ければ、臨床試験を実施する際に、そこまで厳格に治験を行わないものだということも頭の片隅に置いていて頂きたい。

 

これは、フォリックスFR15のボトルの成分表示です。

 

プロシアニジンB2・アゼライク酸・βシトステロール・ビオチン・銅ペプチド・・・。

あなたは、これらの詳細を知りたいですか?

それを知ったところでどうかなりますか?何かできますか?

 

詳しく知りたいという方はこちらの記事を読んでください。相当詳しく書きました↓

完全保存版フォリックスFR シリーズによる成分・種類を徹底解説。

 

治験者のバックグラウンドが均一化されていない以上、「効果があるのか?効果が無いのか?」ということを、論じることに意味はないと書きました。

では、シンプルに、貴方が育毛剤を検討する時、何を気にするべきなのか?

下記の3点です。

①どこの国のメーカーが、製造販売しているのか?

②頭皮のかゆみ・炎症を回避する工夫があるか?

③その育毛剤には、ミノキシジルが配合されている?。

 

フォリックスFRの製造国はどこなのか?

育毛剤を検討するときに、製造販売メーカーはどこの会社なのかということを重視している方はあまりいないと思います。

 

しかし、これは絶対に確認すべきマスト事項です。

それは何故でしょうか?

 

もちろん製造メーカーがどれほどの規模や安定があるのか?ということも大切です。

それよりも大切なことは、

「どこの国で製造されて、どのような食品安全基準をクリアしているのか?」

ということです。

 

上記画像の赤枠を御覧ください。

フォリックスFR15は「Sapphire Healthcare LLC(サファイアヘルスケアLLC)」が製造販売しています。

 

「サファイアヘルスケア」

耳馴染みの無い会社ですね。本社は、アメリカのフロリダ州マイアミにあることが商品パッケージから確認することが出来ます。

 

ホームページを見てみましょう。

フォリックスHPアドレス:https://www.follics.com/

 

どうやら、フォリックスを販売するために作られた、2017年設立の新興法人のようです。

商品パッケージや、成分の特徴、フォリックスブランドの台頭時期が、ポラリスシリーズの販売終了時期とリンクしていることから、「ポラリスシリーズの代替商品なのか?」、「サファイアという法人は、ポラリスの製造メーカーと深い関連があるのか?」という憶測ががネット上に散見されますね。

 

僕の場合は、ポラリスシリーズとの関連性があるのか無いのかは気にしません。

ただ、ポラリスと関連していると言われるとより安心ができるという気持ちにはなりますね。

 

上記に記載した、フォリックスのHPを読み進めていくと、下記の一文が確認出来ました。キャプチャして、赤線を引いてみました。

「フォリックスは、メイドインUSAです。アメリアのFDAが定めた厳格な「cGMP基準」に基づいて製造されている商品である」と記載されています。

 

【cGMP】:current good manufacturing practice

アメリカのFDA(日本でいうところの厚生労働省)が定めた品質基準。

育毛剤や健康食品等の品質基準を一定レベル以上に定めるよう求めた基準です。

 

このアメリカのcGMP基準は、相当厳格に運用をされており、日本の緩いcGMP基準の資格審査をする機関とは雲泥の差です。

このように厳格な審査をクリアして販売をされているということは、過度な心配は必要ないと理解をしています。

 

インドや中国企業に恨みはありませんが、選択除外させて頂きたいのが僕の考えです。

どれだけネットに良いことが書いてあっても、コスパが良くても、結局どのような審査をくぐり抜けて、商品が世に流通されているのかということは非常に重要だと思います。

頭皮に炎症やかゆみが出やすいかどうか?

これも非常に大きな要因では無いでしょうか?

特に、フォリックスFR15は高濃度ミノキシジル配合の製品です。

頭皮の痒みや炎症のリスクは避ける必要があります。

 

かゆみは本当に辛いものです。

僕自身も、寝ている間に知らず知らずのうちに掻きむしってしまい、フケが多くなったり、頭皮が痛んだ経緯を持っています。

 

僕は基本的に乾燥肌です、冬場にはアカギレを起こしたり、保湿クリームも常に持ち歩いています。

例えば、シャンプーも二回に一回はシャンプーを使わないようにして、頭皮の油脂分を適度に保とうと試みています。

僕と同じような人も多くいらっしゃるんじゃないでしょうか?

「かゆみ」はストレスになります。「かゆみ」を避けることはマストです。

 

今回購入した、フォリックスFR15には、ミノキシジル系の育毛剤に多く含まれているプロピレングリコールが非配合なんです。

僕は、プロピレングリコールが入っていなかったことを好意的にとらえてます。

 

そもそも、プロピレングリコールとは何なんでしょう?

ざっくりと言うと、経皮吸収を促進させる物質でアルコールの一種です。

つまり、フォリックスFR15の有効成分を頭皮から毛細血管へ、血中に吸収することを手助けする成分です。

「じゃあ、配合されていたほうが良いのでは?」という声が聞こえて来そうですが、プロピレングリコールは、かゆみ・炎症の原因となる成分でもあります。

避けておいたほうが無難だと考えます。

 

ただ、フォリックスFR15にはプロピレングリコールの代わりに、フォリックスFR15には「プロパンジオール」が配合されています。

つまり、プロピレングリコールより、プロパンジオールのほうが、頭皮に対して低刺激であるということ。

 

肝心のフォリックスFR15は、プロピレングリコールではなく、プロパンジオールを採用していますので、ご安心ください。

 

もっと、育毛剤とかゆみの原因に関して知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説しています。↓

育毛剤で頭がかゆい?それ「プロパンジオール」入りですか?

 

ミノキシジルが配合されていることはマスト条件

段階的に試すことが大切。

そもそもこれが肝心です。

ミノキシジルが配合されていない育毛剤に効果は期待してはいけません。

 

配合率に関しては、自分自身がこれまでにどの程度の濃度の育毛剤を使用してきたのか?ということも参考にして、決めてください。

 

高濃度ミノキシジルの育毛剤にトライすることに不安が募るという方は、段階的に試していくことが良いでしょう。まずは、フォリックスFR07をオススメします。

 

これまで、リアップ、ロゲイン、カークランドを使われていて、現状維持程度でも効果が期待できている方は、フォリックスFR12で様子を見ても良いでしょう。

 

僕はいきなり、カークランド5%から、フォリックスFR15にジャンプアップしました。

使い始めて2週間以上立ちますが、痛み・かゆみ・炎症は発生していないです。

ミノキシジル非配合の育毛剤に意味は無い。

育毛剤の選択基準として、「ミノキシジル」が配合されていない育毛剤は絶対選択をしないということも大切な要因です。

 

僕自身、このサイトで決めているルールが1つあります。

それは、様々な不安を、煽って煽りまくって

「楽天で人気、ミノキシジル非配合で副作用が無い、それは○○です、▲▲です」といった、効く可能性が無いものを崇めたてまつるような記事を書かないことです。

 

本当に、アレは効果が全くないからやめましょう。大切なお金をドブに捨てているだけですからやめましょう。無駄です。

何度も、様々なサイトで目にしてきたかと思いますが。念の為貼っておきます。

AGAの治療において、「効果がある」「効果が高い」と認められている成分は、フィナステリドとミノキシジルだけです。

引用元:公益社団法人日本皮膚科学会https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

 

もし、「ミノキシジル非配合だから副作用がないと宣伝されている育毛剤」を使っている方で、「効果を実感している」、「抜け毛が改善された」と感じている人が本当にいるとするなら。それは、別の要因が考えられます。

①「そもそも、薄毛の原因がAGAではなかった」

②「アレ以外に、フィナステリド錠を飲んでいる」

③「アレも使いつつ、ミノキシジル系のお薬も併用している」

 

この3つしか考えられないです。

シンプルに、「副作用が無い商品に効果は期待しない」という考え方で良いです。

初期脱毛がない楽天1位の育毛剤はやめておけ!7つの理由を暴露!

まとめ

育毛剤は、店頭などで試してから購入することが出来ない商品ですよね。

これは通販のものにかぎらず、市販の育毛剤でもそうです。使ってみた所、アレルギーや炎症が出ることもあります。

特に添加物は、アレルギーを引き起こすものが多くあります。例えば、香料や着色料、防腐剤なんかもそうですね。

 

ですので、事前にパッチテストをすることをオススメします。

僕は、頭皮に塗って使用する前に、3日ぐらい腕に塗布して、かゆみの有無や炎症が出ないかを判断しています。

 

本記事をまとめますと・・

①どの育毛剤であっても、どこの国のメーカーが、どのような審査基準をくぐり抜けて、発売に到っているのかを知る

②育毛剤でありがちな、頭皮のかゆみ・炎症を回避する工夫が取られているかどうか。

③そもそも、その育毛剤には、ミノキシジルが配合されている商品なのかどうか。

以上の3点は必ず確認した上で育毛剤の購入をするようにしてください。

 

このような3つのポイントから、私はフォリックスシリーズを選択しました。

 

以上で、「フォリックスFR15は効果のある育毛剤かどうかを判断する3つのポイント。」の記事を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

一緒に薄毛治療、頑張っていきましょう。

 

フォリックスFR15の詳細を確認する⇒

フォリックスFR16ではなく、あえてフォリックスFR15を選んだ3つの理由

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フォリックスFR16とFR15比較レビューどちらが経済的で効果がある?

フォリックスFR16ではなく、あえてフォリックスFR15を選んだ3つの理由

フォリックスFR12のイメージ画像

【フォリックスFR12】おすすめしない!買うな!コスパが悪い。

フォリックスFR16をおすすめしたい理由をM字ハゲの僕がレビューします。

【徹底調査】ポラリスの改良版がフォリックス?その根拠を暴く!

【楽天1位】初期脱毛がない育毛剤はやめておけ!7つの理由を暴露