男性ホルモンが濃く強い?体毛が濃い人は、確実に薄毛になるのか?

 

どもどもM字先輩です。

今年の夏も暑かったですね、外での活動が多いM字先輩は頭皮への影響を常に心配しております。

皆様も、紫外線は夏が終わった今も、多く飛び交っておりますので頭皮へのケアを怠らないでくださいね。

AGAなら抜け毛の秋に備えろ!夏の紫外線が男性ホルモンを増やす?

 

さて、今年の夏の思い出と言えばなんですか?

 

僕的には、プールと水着ですね。もちろんギャルの水着じゃないですよ。

 

もう、妻子持ちとなった僕は「お父さん」というジャンルに突入しましたのでさほど気にしないですが、若かりし頃は肌を露出するのが非常に嫌でした。

体毛が濃いからです。

 

僕の夏の思い出は「ギャランドゥと胸毛」です。ギャランドゥとは腹毛の事です。

 

さて、今年も行ってきましたよ。プール。

こういった記事を書いていることもあってか、僕の目線はパイオツでははく、「薄毛と体毛の濃さの一致率」を確認する為、男性に注がれております。

もうね、プール全然楽しくない(笑)

「体毛の濃い人は薄毛になりやすいのか?」

で、M字先輩の個人的な統計で言うと・・

20代・30代で遭遇する若ハゲ・M字ハゲ・頭頂部ハゲ、の方々は、6割ぐらいが体毛が濃いのではないかと思います。

 

じゃあやっぱりおれはハゲるんだ・・

 

ちょっと待ってください!!

早まらないでください。

体毛が濃い=ハゲ、そうなるんだと思いきや・・・これが、ちょっと、歯切れの悪い回答になるんですよ。

 

厳密に言うと、「医学的な証明はまだされていない。体毛が濃く多い人は

薄毛・AGAになりハゲる確率が高い。」

これが今のところの真実ですね。

さらに言うと、AGAに伴う薄毛は、治療で食い止めることができる。ということです。

大学生からこんなM字ハゲだった管理人が、これ以外の治療方法はないでしょ?と言っている件

体毛の濃さには男性ホルモンが起因?

いわゆる男性ホルモンの医学的な名称は、「テストステロン」という物質です。

このテストステロンが多い方・活発に活動中の方は、シンプルに「剛毛、多毛、眉毛濃い、髭が濃い等・・」のお悩みを抱えております。

 

テストステロンは、人間の雄として男らしく育つべき部分に作用していく必要不可欠な物質です。

眉毛・すね毛・胸毛・腹毛・腋毛を濃くする、強い骨格を作る、そういった作用に強く影響するのが男性ホルモンの「テストステロン」ということです。

 

 

で、重要なことは、男性ホルモンの「「テストステロン」がAGA(男性型脱毛症)に直接繋がるわけではないのですよ。

 

よく考えてみてください。

男性ホルモンの「テストステロン」が絶賛活動中であるから、ぐんぐん強く太く多くの体毛が生えてきてるわけですよね。

これは頭も同様であってしかるべきですよね。

余談ですが、よく都市伝説で、毛髪のなかでも、側頭部や後頭部は男性ホルモン、頭頂部や生え際は女性ホルモンで作られているなんて笑い話もありますが。

全くの嘘ですよ。そんな風にできていないことは解明されてます。

 

話を戻します。

確かに、男らしい風貌をしている男性は、毛髪も固く強い直毛が生えている方もいらっしゃいますよね。

僕も、高校生くらいまでは、髪が固く、髪に腰があり、まっすぐ立っていた状態でした。友達には、「たわし」みたいだねと(笑)いわれることが多かったですね。

頭以外は濃く多いのに、何故頭だけ禿げるのか?

ここまでで、男性ホルモンが多い男らしいメンズ = 将来AGAを発症し・ハゲるという考え方を捨ててください。

じゃあどういったことか?

実は、この男性ホルモンの「テストステロン」という物質は、「還元酵素の5αリアクターゼ2型」という物質と結びつくことで、「ジヒドロテストステロン」という物質に変化をします。

 

そうです、男らしくプラスの要因を与えるはずの、男性ホルモンに悪さを与える物質が作用して、ハゲさせる物質をに作り替えてしまうということです。

 

そして、この「ジヒドロテストステロン」が、僕らの頭皮の毛の根っこにある細胞内にある男性ホルモンレセプター(受容体)に入りこんでしまい、細胞の働きを停止させてしまうんですね。

正確には、停止させるというか、毛髪の成長や発毛サイクルに影響を与えます。

だいてい成人男性のヘアサイクルが3年~5年と言われております。

「まだまだ成長して頑張って伸ばしていかなければいけない」という時期であるのに、「もう伸ばさなくて良いよ」という働きかけを「ジヒドロテストステロン」が行い、毛髪の育成を阻害しているということです。

 

これが今のところ、薄毛・AGAとしてほぼ確立されているメカニズムです。

 

なんで、頭だけ禿げるのか?この問いの答えはシンプルです。

 

頭皮の毛髪の根っこにある毛乳頭内部にハゲさせる物質(還元酵素 5αリアクタ-ゼ)が潜んでいるから。

毛乳頭の内部に、ハゲさせる物質に返還させるファクターが潜んでいるなんて、人間の雄は「ハゲるようにできている」なんて宿命づけられている。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

薄毛の原因を遺伝で片付けて「死にたい」と言うには早すぎる。治療法はあります。

まとめ

ここまで、男性ホルモンがハゲさせる物質に変化する説明をしてきました。

つまり、こういうことです。

 

男らしく髭が濃くてギャランドゥな僕たちは、一般の方より男性ホルモンが活発である。

男性ホルモンが多く・活発だからから、還元酵素と結合しやすい環境下にあります。その結果、頭をハゲさせる物質を量産しやすく、毛髪の育毛サイクルが阻害される。

「髭が濃くてギャランドゥでハゲている」という人間が世にあふれており、それらを見かける機会も多い。

体毛が濃い=ハゲる という構図が成り立つ。

 

じゃあどうすればよいのか?

 

ホルモンの話をされてしまうと、日常生活の取り組みや食生活でコントロールや、減らすことなんてできないですよね。

 

●医学的なアプローチにて、還元酵素の5αリダクターゼ2型という物質を排除もしくは抑制する。

●ハゲさせる「ジヒドロテストステロン」という物質の量産スピードをを減らす抑制する方法はないか?

 

ここに、時間とお金を投資することが、僕らが取るべき手法だと考えられますよね。

 

 

ではでは。

このへんで。

【購入レビュー】オオサカ堂からフィナロイドを通販で個人輸入した一部始終。

初期脱毛がない楽天1位の育毛剤はやめておけ!7つの理由を暴露!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旦那がハゲたら妻は食生活の改善に努めるたった2つの理由

来年から受けられる?理化学研究所が開発した男性型脱毛症の毛包器官再生手術とは?

プロペシアを未成年が個人輸入しました。薄毛に悩む18歳のレビュー

抜け毛にオクトシャンプー?【買う前に言ってよ(´;Д;)】

抜け毛に石鹸シャンプーはやめろ!とメーカーが言ってますけど・・?

「猫っ毛はハゲやすい」という、髪質でハゲるハゲないの議論に意味は無い