ロゲインを通販で個人輸入したのでレビューします。開封画像アリ。

 

「あなたは、毎月薄毛治療にどの程度の費用をかけていますか?」

どのような育毛・発毛方法を選択するのか、AGAクリニックにでどのような治療方法を採用するのかによっても変わりますが・・。

個人差を加味しても治療費月額は、6,000円~20,000円程度の幅があると考えられます。

おそらく平均値は、15,000円程度の方が多いと思います。

 

最も合理的な治療費の圧縮方法は、

『ミノキシジル系の育毛剤を安価なものに変更する』ということではないでしょうか。

 

ロゲインの購入にあたっては、通販、個人輸入をするわけですが・・・

・思っていたよりも、簡単に購入が出来たこと。

・毎月の育毛治療費を、約4,750円削減ができたこと。

個人的に、このようなメリットを感じた一方で「もっと早くロゲインに変えておけば良かった」と悔やみました。

 

ということで・・

今回は、「ロゲインを通販で個人輸入したのでレビューします。開封画像アリ。」

という記事の内容で進めていきますので、どうぞお付き合いください。

 

個人輸入の流れ、ロゲインの到着・開封まで、画像付きでわかりやすくレビューしていきます。よろしければ参考にしてください。

ロゲインの最安値 個人輸入サイトはコチラです⇒

 

育毛剤・ロゲインを個人輸入するとはどういうことか?

そもそも「個人輸入」とは何でしょうか?聞き慣れない言葉ですよね。

そして、個人輸入と聞かされると、なんだか構えてしまいませんか?個人輸入とは何を指すのか?

税関のHPには下記のように記載されています。

個人輸入についてはっきりとした定義はありませんが、一般的には「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」といわれています。

 

 個人輸入の形態としては、
  1. 輸入者自身が購入したい品物を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法
  2. 輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて輸入する方法
などがあります。

 

 また、海外からの輸送方法については、
  1. 国際郵便を利用する方法
  2. 国際宅配便を利用する方法
  3. 一般貨物として、船便又は航空便を利用する方法
などがあります。

 

 いずれにしても、個人輸入は海外との直接取引きですから、サイズ違い、破損等のトラブルは、自力で処理しなければならないという、リスクを負うことも知っておく必要があります。

また、日本に輸入が禁止されている物や、輸入が規制されている物がありますので、十分に注意して下さい。

引用元:税関HP http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/kojin/3001_jr.htm

 

コレを育毛剤の観点で読みかえると・・・

「海外で流通している育毛剤を、日本にいながらインターネットを通じて購入する方法」

と捉えて頂ければ良いです。

 

大事な部分を赤文字にしました。下記で順を追って詳しく説明して行きますね。

何故、ロゲインは個人輸入をしなければいけないのか?

それは、ロゲインが輸入の規制対象品だからです。

海外にある品物を、海外から日本に持ち込むときに必ず通るところが、税関です。

ロゲインに輸入規制がかかるのは、ロゲインの主成分であるノキシジル」に輸入規制がかかっているからです。

当然、違法な薬物は持ち込めませんし犯罪です。条約で定められている希少動物や検疫の必要のある品物も、税関で詳細に調べられます。

ミノキシジルに輸入規制がかかる理由とは

ロゲインに配合されている、有効成分は「ミノキシジル」です。

このミノキシジルは、アメリカのアップジョン社が研究開発を経て生み出し、長年ファイザー製薬が特許を持ち続けていた、れっきとした「医療用医薬品」です。

 

薬事法によって、医薬品には輸入規制がかかります。下記の画像は、医薬品等の輸入規制に関して触れている厚生労働省のホームページのスクリーンショットです。

さらに、最近個人輸入量が増えているのが、「ミノキシジル配合の育毛剤」です。

ミノキシジル配合の育毛剤によっては、製品への含有量によって輸入規制のハードルが変わってきます。下記を御覧ください。

 引用元:厚生労働省医薬・生活衛生局  「医薬品等輸入手続質疑応答集」

例えば、海外から輸入される育毛剤の中で密かに人気となっている、フォリックスシリーズは、ミノキシジルの含有量が5%を越えているものが多いので、「1ヶ月に一本しか輸入することが出来ない」という理解で良いです。

フォリックスFR15は効果がある育毛剤かどうかを判断する3つのポイント。

 

ロゲインに関しては、60MLの内容量に対して、ミノキシジルは5%配合されています。5%配合は、「5%を超える」わけでは無いので、2ヶ月分を一気に購入することが出来ます。

 

ですから、ロゲインは2本セットで注文ができるようになっている場合が多いですよね。

ロゲインは具体的にどこから購入するのか?

ロゲインはもちろん海外で購入ができます。アメリカのコストコでも販売されており、メジャーな育毛剤の代名詞となっております。

 

余談ですが、今のようにネット通販が普及する前は、個人輸入でロゲインを取り寄せるという発送が無かったんです。

海外出張や海外へ遊びに行く人にお願いして、ロゲインを購入して来てもらうなんて、時代もありました。

一昔前では、国内でミノキシジル1%配合品(リアップ)を使っていた人達からすれば、海外なら手に入るミノキシジル5%配合の「ロゲイン」を欲しがったものです。

 

さて、本題に話を戻しますが・・、

そんな、ロゲイン等の育毛剤は日本では許認可を得ていないので、薬局でもAGAクリニックでも、アマゾン・楽天でも購入することが出来ません。

日本にいながら、ロゲインを購入する方法は「個人輸入代行業者のサイト上で、購入すること」しかありません。

ロゲインを扱う個人輸入代行サイトはどこか?

ロゲインを扱う個人輸入代行会社は多くありますが・・・、個人輸入代行会社の有名どころと言えば、下記の4社ではないでしょうか?

・「アイドラッグストア」

・「オオサカ堂」

・「おくすりなび」

・「KAIGAIーDRUG」

 

これらの4社の個人輸入代行会社トップページのスクリーンショットがコレです。

・アイドラッグストア

 

・オオサカ堂

 

・おくすりなび

 

・KAIGAIーDRUG

M字先輩は、これらのサイトを比較検討した結果、「アイドラッグストア」と「オオサカ堂」を使ってロゲインを個人輸入しています。

 

値引き率や、サイトのビジュアル・使いやすさ、在庫の豊富さ等、総合的に見ると、「アイドラッグストア」「オオサカ堂」で購入する人が多いのではないかと思います。

 

詳しくは、他の記事で補完しますが、M字先輩は「値段が安い、信頼性(21年の運営実績)」でオオサカ堂を選びました。

 

ロゲインをオオサカ堂で個人輸入してみます。

これが「オオサカ堂」のトップページです。

怪しげなネーミングですが、21年の歴史を持つ個人輸入代行会社の老舗です。ホームページの作りも、サイト上の購入決済もスムーズですし、レスポンスも早いです。

ロゲインに限らず、育毛関係や、美容関係の商品を多数取り揃えていることがホームページから伺えます。

 

●ロゲイン購入記録 一日目

まずは、オオサカ堂のホームページを立ち上げましょう。

そこから、検索窓に「ロゲイン」と打ち込み・・該当商品を選択です。

商品を選んでカートに入れてからでも構いませんが、購入には会員の新規登録が必要です。特に購入までのフローの説明は不要だと思いますので、詳細は割愛します。

商品を選択して、決済の手続きに移ります。

この時サイトシステムのメンテナンスで、クレジットカードが使えませんでしたので、銀行振り込みを選択せざるを得ない状況です。

※2018年3月現在もクレジットカードは使えず、口座振り込みのみの対応です。この点は、ユーザーに優しくないので改善を希望します。

追記:カード決済ができるようになりました。2018年4月13日

時間がかかりましたね。1年近くオオサカ堂でカード決済が出来無かったんじゃないでしょうか?銀行振り込みがめんどくさくて。この煩わしさから開放されると思うと嬉しいですね。

ネット上では、様々な憶測が渦巻いていましたが、新しく商品の購入をしようと約1ヶ月ぶりに商品の購入手続きを行ったところ、カード決済が可能となっていました。

下記のキャプチャーのように、簡単に手続きが出来ました。

 

【クレジットカード情報入力画面】

【決済情報通信画面】

【注文完了画面】

 

 

自分自身への忘備録もかねて・・・平成29年8月22日現在では

●オオサカ堂: ロゲイン   60ミリリットル2本 スポイト付き  5,548円

●アイドラッグ:ロゲイン   60ミリリットル2本 スポイト付き  5,580円

●お薬なび:  ロゲイン   60ミリリットル1本 スポイト付き  3,850円

●アマゾン:  リアップx5 60ミリリットル1本         7,611円

尚、「お薬なびは」ロゲイン一本の値段です。

個人的には、「お薬なび」は値段が高い印象があります。だから、M字先輩は使ったことがありません。

※アマゾンの還元ポイントを差し引いてもロゲインはリアップX5の半値以下ですよね。

 

注文確定させたら、あとは、マイページに注文確認メールが届くので、オオサカ堂が指定する口座に入金をするだけです。

振込先口座も複数用意されています。あなたにとって、振り込み手数料の少ない金融機関が選べるのは良いですよね。

 

タイミングにもよりますが、午前中に振り込んで、夕方にはちゃんと着金確認メールが届きました。レスポンスは良いです。

 

●ロゲイン購入記録 8日後 配送方法・局留めできる?梱包は?

ロゲインの発注から7日~10日程度で国際郵便で届きます。

サイトには5日~10日の幅で納期の記載がありますが、5日で到着したことはないですね。今回の場合、8日後にロゲインが配達されました。

こんなパッケージで届きます。

茶封筒みたいなやつに入ってくるから中が見えず安心すよ。また、あて名のラベルもすべて英語です。

さすがに、商品名「ロゲイン」とは書かれていないので安心してください。やはりデリケートな商品なので、こういった配慮は本当にありがたいですね。

 

では、早速開封してみましょう。

本体容器はプラスチックなので、割れ易い容器ではありませんが、内部にプチプチのクッション材が入っているので安心ですね。

 

尚、商品が直接家に届くのが嫌な方は局留めを使うことが出来ます。

注文する際に、お届け先指定の項目で、局留めのコマンドがちゃんと用意されているので使ってみてください。

郵便局留めのリンクを開くと、上記のようなページが展開されるので、あとは自宅住所を入力し手続きをするだけです。

注釈にもある通り(矢印マーク)、郵便局から一切通知が無いので注意が必要です。追跡ページを確認し、自ら出向いて取りに行くことを忘れないでくださいね。

 

局留めに関しては、「もっと細かく書いてほしい」というお言葉をいただいたので、別記事に記載しております。詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みくださいね。

 

たったこれだけの手順で、海外で流通しているロゲインを個人輸入することができます。

いかがですか?個人輸入って思っていたよりシンプルではないでしょうか?アマゾンや楽天で商品を購入するプロセスとなんら変わりはありません。

ロゲインを開封してみます。

内容物としてはこれだけです。

使用上の注意を促す説明書も同封されております。写真の右側に見えるのがスポイトですね。これを使って頭皮に叩き込んでいくわけです。

 

ちなみに、M字先輩が注文したのは、ロゲイン2本とスポイトが一本セットになった商品です。始めて購入される方は、これが良いと思います。

一か月じゃ何もわからないので、2か月試せる2本セットが良いと思います。

 

また注意事項として、現在オオサカ堂では、ロゲインを一本から買うことが出来ないです。そもそも一本だけを注文するコマンドがないです。

だから、サイトでロゲインを検索した時に「何故一本から購入できないんだろう?」と悩まないでください。

 

オオサカ堂に理由を聞いてみましたが、理由は通関の関係です。ロゲイン・カークランド等のミノキシジルが含まれている品物は、前回の発送日から4週間経過していないと税関を通過できずに没収されてしまいます。

 

 

それでは届いたロゲインを見てみましょう。全部英語で記載されています。

写真の背景に映っている説明書には、日本語で記載されているので、安心してください。

それでは、ロゲインの本体ボトルの黒いキャップを回して外してみましょう。

たぶん「開かない!!」ってなりますよね?ペットボトル飲料のスクリューキャップを開けるイメージで回すと、空回りします。

黒い蓋を下に押しながら、蓋の矢印マークに従って回すと開きます。

テーブルに本体を置いて、左手でロゲイン本体をつかんで、右手で黒いキャップを押しながら回す。こぼれないように注意してくださいね。

そしてスポイトをロゲインのボトルに差し込んでみましょう。

そうすると・・。

スポイトを差し込むと、なんとこれ、スポイト自体が蓋になります。

素晴らしい。エクセレントですよ。

実際は、ロゲインを購入する際には・・・

・「ボトルとスポイトを別々に持ち運ぶのか?めんどうだな」

・「ジップロック的な袋に入れて持ち歩く必要があるかな?かさばるな」

・「いやまて、袋の中で容器とスポイトを入れると、スポイトについていた液体で袋の内側がビチャビチャにならないか?」

等と、いろいろな不安がありましたが、これは非常に便利です。!!

シンプルに持ち運びができます。

ロゲインの使用方法・デメリット

ロゲインのデメリットとすれば・・。

M字先輩としては特に思いつかないのですが、強いて挙げるなら、「使い方がめんどくさい」ということなんだろうなと想像ができます。

 

1mLをスポイトで吸い取ることがめんどくさいということです。

 

ですが、1mLってそんなに難しくはないですよ。

スポイトのつまみを「ぎゅっと」つまむとだいたい1mLをきれいに吸い上げてくれる。うまくできてますよこのスポイト。全然不便じゃない。

追記1:ロゲインに切り替えた最大の理由「給与カットされたから」

私、M字先輩の超個人的な理由ですみませんが、共感していただける方もいらっしゃるかと思い、追記という形で書くことにしました。

見出しの通り、僕がロゲインやカークランドを検討することになった理由がこれでしたね。

毎月、リアップX5とプロペシアで月額14,000円を支払い続けることが苦しくなってきたんです。

厳密に言うと、半年後にはもっと厳しくなることが想像できたので、「ちょっと真剣に考えないとなあ・・」という状況に追い込まれました。

 

・ある日、会社の全体の業績不振を理由に給与のカットがある。

・ある日、残業の規制で残業代が稼げなくなる。

・そんな矢先に、息子が春から幼稚園に通う。幼稚園代が30,000円増える。

 

どうですか?

このような状況で、今あなたが行っている薄毛治療は、何も変わらず続けていくことができるでしょうか?

せっかく、息子のおむつが取れて、パンパース代が浮いたと思っていたのに・・。

 

 

ほんと、育毛や発毛に掛ける治療費って馬鹿にならないです。特に、「妻はまだ社会復帰が出来ず、幼い子どもを抱えるサラリーマン」は大変です。

共働きがシングルになると。収入が厳しくなりますからね。

サイトをご覧の方の中にも、育毛の治療費を捻出するために、飲み会を減らしたり、タバコをやめたり、涙ぐましい努力をしている方もいらっしゃるでしょう。

 

 

否応なく、育毛治療にかけている費用を下げる方法は無いかな?とかんがえることは自然ですよね。

僕は、もともと「ロゲイン」や「カークランド」も、お試し程度で使っていたことがあります。

僕の場合は、このような経緯があるので育毛剤を切り替えるのに特に抵抗はありません。

 

 

何度も申し上げてますが、ハゲ・薄毛のAGA治療においては、抜け毛を減らすことを第一に考える必要があります。そうすると、絶対にしてはいけないことは・・・

 

「抜け毛を抑制する為の薬をケチってはいけない。」ということです。

 

そうすると、必然的に「ミノキシジル系の育毛剤にかかる経費を削減するしかない」ということです。

背に腹は変えられません、薄毛の維持と、家計の維持と、お小遣いの死守を考えれば、やるべきことは一つかと思います。

 

以上、「ロゲインを通販で個人輸入したのでレビューします。開封画像アリ。』の記事を終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではではこの辺で。

フォリックスFR15を通販で個人輸入した記録を画像付きで解説

ロゲインの最安値 個人輸入サイトはコチラです⇒

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミノキシジル育毛剤で抜け毛が減らない 理由を知っていますか?

【まだ高いリアップを使いますか?】ジェネリックやメディカルミノキ5には期待するな...

【チャップアップの口コミの闇】楽天とアマゾンで評価が割れる理由

【完全保存版】カークランドとロゲインの徹底比較。【画像多め】

育毛剤で頭がかゆい?それ「プロパンジオール」入りですか?

リアップX5を使わない3つの理由【AGA治療】